なかなか計画通りにトレーニングできない時の練習計画のコツ

IMG_5122.jpeg

長期的な計画で毎日コツコツとトレーニングをしていくことは重要...。

そんなこと分かり切ってますが、それができないから苦労してるんですよね〜。


個人的には仕事的にも毎日の決まったルーティーンみたいなものがあまりないので、決まった時間にトレーニングをするとか言う感覚があまりない。自由と言えば自由ですが、予定がコロコロ転がり込んできて、気がついたら練習する時間ない〜みたいなことになりがち。

そこで、最近はこんな風にしています。

まず、長期的な目標設定と大雑把なトレーニング計画があるのは前提ですが、これは本当に大雑把でよく、例えば僕の場合は7月の富士登山競走(ないかもですが)5合目コースで90分切り。

そのために、7月はスピード強化、6月は上り坂での実際のレースを想定したペース走とスピード強化、5月は走り込みと実際のレースを想定したペース走(やや短め)、3~4月は走り込みとランニングエコノミー向上がしたい(こんな風に本番から逆算して考えます)。

さて、ここからが本題ですが、各月のテーマに沿った練習を3日ほどの短いスパンで計画し、それをなるべく繰り返すと良い感じがします。

例えば3~4月だったら以下のような感じ。

1)ランニング低強度 + 10秒ダッシュ×10本(2分に1本)

2)ランニング低強度 + 筋トレ

3)ローラースキーか自転車 or 休み

この3種類のトレーニングをなるべく繰り返す。ランニングの時間や距離、コースはその日の予定や気分に合わせて変える。内容だけ決めておいて時間や距離は適当に変更すると言う方法。

実施したトレーニングは記録しておいて、それに基づき次のトレーニングサイクルを調整。例えば前の3日間のサイクルでダッシュができていなければ次のサイクルではダッシュを増やすとか、反対に走りすぎたら走る距離を少しセーブするとか。

計画通りにできればいいんでしょうけど、それよりも柔軟に計画を変更させられた方が良いのかなぁと思います。そのためには短いスパンの計画の方が調整しやすい。

以前も3日坊主なりにうまくやろう!みたいなブログを書きましたが( )、それにも通ずる内容。

何か参考になれば!

この記事へのコメント