小学生のマラソンを見て思ったこと

IMG_0808.jpeg

昨日の朝は道後公園で小学生のマラソン大会を見学。いろいろな子がいますがみんな良い走りするなぁ〜。

大人は走る時に色々と考えすぎるのかも。足のつき方がどう、姿勢がどう、心拍数がどう、靴がどうのこうの、色々と考えることがある。

そういう事は練習の時には考えた方が良いんでしょうが、本番では結局のところ何も考えずに走っている時の方が実際に効率が良い(過去のブログ:http://www.takefootworksblog.com/article/452635712.html)。


練習の目的は将来的により良い走りができるようになることであり、この時はある程度考えたり意識して取り組んだようが良いような気がする。

一方、本番で必要なのは「早くゴールすること」であり、フォームや靴がどうかなんて事は関係ない。結局は早くゴールできればok!(とはいえ駆け引きがあったりするので多少考えることもあるかも)


何も考えずに走るというのは個人的には遅刻しそうな時に猛ダッシュしている感覚に近い。

この記事へのコメント