TFW的ダイエット:30kg減量

IMG_0114.jpeg

春から減量のご相談をいただいているAさん。初めは体重が130kgで、月に1回受ける血液検査の結果はほとんどの値で黄色信号(ちょいOUTくらい)。過去に右膝の前十字靭帯を損傷していて手術はしていない。ヘルニアで腰が痛い。

ダイエットなどの相談を受けることはこれまでありませんでしたが、Aさんと色々相談しながらやってみることに。1年後に体重が100kgを切ることが目標。そして(これは自分の勝手な目標)体重がまた戻らないようにすることも目標。

---

ダイエットとはいえ膝や腰が痛いので運動が難しい。膝や腰が痛い→運動できない→体重が増えるとも言えるし、体重が多い→膝や腰に負担→痛いとも言える。

まずは食事を少し工夫して減量を目指し、並行して膝や腰の痛みの原因を改善していく。もちろん必要に応じて病院にも通っていただく。

食事に関して取り組んだのは断続的断食という方法(http://www.takefootworksblog.com/article/465201018.html)。ALTRAでおなじみのロータスさんが fat adaptationということで先進的な取り組みをしている(http://blog.stridelab.jp/2018/05/04/fat-adaptation-ファット・アダプテーション/)。

要するにはいくつかのことに注意して脂質の代謝を向上させ、効率よく脂肪が使われる体に変えて行こうということ。Aさんに関してはMCTオイルがあまり得意でなくお腹がゆるくなりやすかったので、朝食を抜いて、夕食から昼食までの「食べない時間」を長くすることに注意。

それだけで結構体重が減った。

運動に関しては、1)痛みのない範囲でできることをする、2)痛みの原因を修正し痛みが出にくくするということに取り組んだ。原因は色々ありましたがインソールで運動の左右差や重心のズレを補正したり、コアの安定性を高めるような運動に取り組んだり、色々やりました。

あとは外を歩いてみたり自転車に乗ってみたり。どうせやるなら楽しいことが良い!ということでMTBにも挑戦(予定)笑。せっかく運動するなら楽しい方が良いです。歩数や距離などのモニターに表示されるような情報ばかりを気にするのではなく、純粋に楽しいから運動する。結果は後で見ればよくて、まずは運動することが何より重要。

---

そんなこんなで現在体重が103kgくらい。血液検査も赤血球の値がちょい高い以外は正常になりました!先日はなんと御幸寺山に登ってコーヒーを飲んで帰るという登山トレーニングを敢行。足が笑ってましたが楽しく歩くことができた。結構がんばった!笑

途中で膝や腰の痛みが出ることがあったけれど、なんだかんだで調子良く体重も減ってきているし、リバウンド的な兆候が一切ない!体重が減ったことでできる運動も増えて、それがまた楽しい様子。

こんな感じであと少し、いやさらに行きますよ〜笑。

この記事へのコメント