Question(?)44:幸次ヶ峠~東温市総合公園までを尾根つなぎ

fullsizeoutput_68d.jpeg

fullsizeoutput_697.jpeg

fullsizeoutput_68e.jpeg



以前から計画していたルートを繋げてきました。ようやくです。

幸次ヶ峠〜高縄山駐車場〜北三方ヶ森(978m)〜水ヶ峠〜伊之子山(872m)~左谷ノ森(932m)~魚谷森(1005m)~南三方ヶ森(1151m)〜明神ヶ森(1217m)〜福見山(1051m)〜河原樋山(864m)〜高森山(724m)〜東温市総合公園

地図で見るとクエスチョンマーク(?)みたいな形で44kmなのでQuestion 44ということにしました。

それぞれの山は以前からよく行っていましたが全部つなげるのは今回が初めて。今回は同じことを画策していた(笑)レジェンドK 氏、僕のスキー仲間の伊藤さんことDr.Wと一緒です。

K氏も言っていましたが、山に行くたびに「この先に行くとどうなるんだろう?」と気になってしょうがない笑!また、地形図を見ながら「ここが繋がりそうだぁ」とか「この尾根は気持ちよさそうやなぁ〜」と妄想を膨らませています笑。

現実的に時間もないのでいつも早起きして仕事の前に山に行ったり休みの日に山に行くわけですが、気になるところを全部一気に行くというのはとてもワクワクするし、魅力的なチャレンジです。

少なくとも我々のような人間にとっては。

oU3QfTlBT2CHChBgc4XA3w.jpg

幸次ヶ峠を出発。「君たちに前に行かれると困る苦笑」とのことで、K氏の厳正なるペース調整の元前ヘ進みます。

ACbkazFrS7mtBXvHlM7fEw.jpg

今回は綺麗に稜線をぐるっと繋げたいので大月山と展望台はパスし石ヶ峠。

lRUPNXlhQaWSfgAhyyxsng.jpg

高輪山のトイレ前広場を通り過ぎ、北三方ヶ森へ。

dngIGZ8MTSKlE0AeKJcJeQ.jpg

遠くにこの日これから向かう山並みが見えます。あそこまで行くのか!こう見ると遠いなぁ〜。

Zy+Vhr%pTRipiprZN1XSfg.jpg

hq41qNgYRyGXxz5vWX4BsA.jpg

北三方ヶ森までは途中まで植林帯です。K氏歩くのが結構速い!

NntVrVmASEGCaqdRMZ6rLw.jpg

北三方ヶ森で少し休憩。いつもならしまなみ街道までバッチリ見渡せるビューポイントですが、この日は霞がかかっていました。

nibRo8NpRsGeAI9ioY%YDg.jpg

水ヶ峠へ。緑が綺麗です。

Hfaq32fXSx2DEFqx6gitbQ.jpg

水ヶ峠で休憩を取り、南三方(白潰)へ向かいます。このコースでキツイのはズバリこの区間。特に南三方の手前から明神ヶ森へ向かう道の登り方がえげつない!尾根も細くて注意が必要です。水ヶ峠から先は地図上に道がありませんが案外快適に進むことができます。鹿が尾根の植物の新芽を食べてしまって草がなくなったようです。真相は不明ですが。

このルートは人が少なくて自分もたまに遊びに行きますが案外ハイカーがいる。少し話が逸れますが、最近山の整備がしたいからルートを案内してほしいと連絡をもらったことがありました。整備してもらえるのはありがたいし、人が入って盛り上がるといいなぁ〜と思いますが、残念ながらその日は仕事でお断りしましたが、正直なところ色々と疑問に思うこともあります。

何にせよ、人が歩けばそこは道になる。逆にいくら整備しても人が入らなければ道はなくなる。そういう意味で僕たちは僕たちなりに道の整備をしています。要するになくなりそうだけどとても魅力的なトレイルはたくさんあり、また道はないけど魅力的な地形や景色はたくさんあり、そこにガサゴソ突撃してそういうことに共感できる仲間たちにその情報を共有するわけです。

遊び場やフィールドを大々的に宣伝して発信するのも非常に大切だと考えている一方、自分にできることはそういうことではなくもっと規模の小さいこじんまりとしたもので、自分にとってはそういうことが大切です。

NZHb7hlETfW8FfEBBsG3AQ.jpg

thvLXVLQSpK6G8oVZYcKfQ.jpg

水ヶ峠から明神が森までは地図上に道がないものの快適な尾根歩き。緑が綺麗!

IMG_4543.JPG

IMG_4545.JPG

アップダウンを繰り返し楽しいですが結構足が疲れます苦笑。

BN9s5+WWTSSoXXvKqRI4+g.jpg

EauM6evCRfqe9LvJlwnopw.jpg

南三方ヶ森(白潰)。K氏に疲労が見えてきました。

Lpfick2dRea%sRYUaagFng.jpg

南三方付近の細尾根。写真には写っていませんが両側は結構な斜面というか崖です。特に左側は注意が必要。

IMG_4548.JPG

IMG_4547.JPG

明神ヶ森手前の急登。これはキツイ。

D4hRV8S2RzeQEuapqSAp4g.jpg

明神ヶ森に到着。疲れました笑。

yFlPkIGjTYic9SrKxn0YrQ.jpg

ここから福見山までは松山市と東温市の境目。朝、高輪山から北三方に向かう途中でみた「あそこまで行くのかぁ〜」の場所を歩いています。

この区間でこの日唯一人に会いました。こんなにいい山なのに勿体無いなぁ〜。

babtPE3kTxO0asxpqzgVgg.jpg

j7lg3%ayS56pd9L%GJlAUw.jpg

Jscnoq6NS667s%AP4vrokw.jpg

福見山〜福見寺を通りすぎ、再び地図上にルートがない区間に突入。とは言っても昔の作業道は残っているし、尾根に出ても藪が大したことないので問題ありません。眺望の良い鉄塔まで。

cVkIwOdPSlCHM6gsWpNqDg.jpg

K氏は疲労が隠せない様子でしたが、普通に歩くのが速くて驚きました。レジェンドおそるべし。

IMG_4533.JPG

最後に急登が二つほどありそのさきの高森山。これがこの日最後の山です。3人で記念撮影(笑)。

579249273.96524.jpg

あとは林道で公園まで下ります。結構長くて疲れる!

t1AKJQc8Tx+K+GOF9CU81w.jpg

この日はswiftwickのソックスを履いて行きましたが、蒸れなくフィット感バッチリでgoodでした👍。個人的に山に行くときは少し丈が長い靴下をチョイスしますが、丈の短いソックスだとアキレス腱のところにある靴下と足の隙間から土が入ってくるからです。

履き心地もソフトで快適。そして個人的に何より気に入っているのはフィット感。この日は一度も靴下をズリあげたりしませんでしたが、44km山の中を走ってきてこのズレのなさ!足にピタッと来ていい感じ。

8AmsVAfKRkaWo%GuoJrc5A.jpg

公園に到着。いやぁ〜疲れた笑。K氏の厳正なペース配分の元、予定よりも2時間ほど早くゴール。

今回の山行でも思いましたが何より大切なのは山に行くことです。K氏も言っていましたが子供の頃遊びに行くのに地図を読む勉強をして必要な道具を買い揃えて行っていたかというとそんなことはない。まずはやってみること!そして必要に感じたことを調べるなり人に聞くなりしたらいいし、必要な道具は揃えた方がいい。

できることから始める。また、できることなら続ける。その辺の里山にも魅力がたくさんあります。インターネットに乗っている情報が全てではない。なんでもいいから実際にやってみて自分で考えることが当たり前と言えばそうですが大切だと感じました。

そんな相談があればいつでもTAKEfootWorksへどうぞ。


それにしても楽しく実りある山行でした。レジェンドK 氏、Dr.Wありがとうございました。ちらっとお話しした例の計画も、他の気になるルートもまた行きましょう!

この記事へのコメント

  • くら

    はじめまして!
    偉業達成おめでとうございます。
    参考にさせて頂きます。
    2019年05月30日 12:20