みんな頑張った 奥四万十トレイルレースin松葉川

IMG_5055.JPG


5/13(日)は高知県で開催された「奥四万十トレイルレースin松葉川」に参加してきました。

去年も参加させていただきましたが、松山から参加するには比較的近く、ホスピタリティ(おもてなし)バッチリないい雰囲気の大会です。コースの難易度が低くない感じもいいですね笑。

そういうことで、ヨルシロのメンバーを始め自分の周囲の人を巻き込んでみんなで参加でした。

ヨルシロ(野人アカデミー)を始めて1年経ってないですが、気づけばみんなガッツリ走るようになり、山に出かけていくようになり、こうしてレースに参加しているのは何だか面白かったです。自分のやっていることが何かしらきっかけになっているのか? そうだとしたら、それはいいことなのか迷惑なことなのか、定かではありませんがみんな健康で楽しそうなのでokでしょう笑。



土曜日は阿蘇に行っていた菅野さんの代打でT-mountainの店番でしたので、それが終わってからの移動でした。乗り合いで移動。自分たち以外の人も先に行って車中泊か深夜発の早朝着だったようです。

菅野さんがどうなったかは本人に聞いてください。

土曜日は天気が良かったのですが日曜日は朝から雨。なかなかの降水量でした。走る方は気合も入っているし何とでもなるんですが、運営の方は大変だったと思います。スタッフの皆さんのガッツに助けられました。ありがとうございました。


IMG_5049.JPG

自分は一枚も写真を撮っていないので写真は全部頂き物です。ありがとうございます。

自分は後ろの方からスタートしてじわじわ追い上げ作戦でした。途中、大会プロデューサーの奥宮さんと一緒になり色々と極意を学びました。勉強になりました。ありがとうございました。

自分としては淡々と走ったって感じでした。前よりちょっとはマシになったかな? 先日、またまた肩を脱臼し何かきっかけがあれば簡単に外れそうだったので、下りははじめから滑ることにしました。スキーでした。



自分の走りはまぁさて置き、嬉しかったのはいつも一緒に練習している仲間たちの頑張り。先述の通り、ヨルシロのメンバーもたくさん参加したレースでした(阿蘇に参加の方もいらっしゃいました)。多分、山に行ってみたいとか走るということに魅力を感じ、でもどうすればいいのかよくわからないという方が多かったと思います。

そんな人たちも一緒に走るようになり、山にいくようになり(みんなでも一人でも)、こうして大会に参加し、ほぼ全員完走でした(はじめから目標が第3エイドの方がいらっしゃいました笑)。


夜な夜な堀之内公園に集まり、ガシガシ走ってよかったですかね?笑
そうだとしたら嬉しいです。


IMG_5055.JPG

真ん中の人は写真を撮っていたらゴールしてきた知らない人です。

IMG_5054.JPG

IMG_5050.JPG

何年かぶりの?完走。
いやーよかった笑。

32489698_1243098102487194_7768133891725983744_n.jpg

ブランコの写真いただきました。ありがとうございました。




コーチは触媒だって言っている人がいましたが今回はそんなことを感じられました。触媒とは、自分自身は変化せず他の物質の化学反応の速度を変化させる物質のことです。

選手やお客さんは放っておいても強くなります。もしくは放っておけば何もしません笑。いずれにせよ、その本人が頑張らないことには何も起こりません。


基本的に、自分にはその本人の頑張りをサポートすることしかできません。
が、そこに自分のできること、持っているものをすべてをブチ込みます。


とは言っても、まだまだ根っこを下に伸ばせです。



みなさん、よく頑張りました!笑

今後ともよろしくお願いします。




この記事へのコメント

  • 廣瀬岳志

    お疲れ様でした!T-montainではいつもお世話になっています。お店で停電騒ぎがあった時に初めてお会いしたかと思います。ただお顔をはっきり覚えていなくて、会場ではお声がけ出来ませんでした。初トレイルでしたが、何とか完走できました。トレイル、楽しいですね!お店やレースでもお会いすることがあると思いますので、今後ともよろしくお願いしますm(__)m
    2018年05月18日 12:06